疲れたからちょっと無職になってみた

明日死ぬとしたら、生き方が変わるのか?

無職生活は「昼夜逆転・暇」だと思ったら大間違いだったでござる

 
 

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20191007175644p:plain

 
 
予算300万円内無職生活をスタートして間もなく、夢のひとつだった「新規でホストクラブに行き散財する」←を、50万円をも使って叶えたので爪に火をともす生活を送らなければならなくなった。
世間ではこういうのを"自業自得"と呼んでちょっとだけ馬鹿にする、はず。

 


 

 
 
 

無職は暇なのか、暇じゃないのか

 
さて無職である。きっと時間を持て余すことだろうと多くの人は思うのかもしれない。目覚ましをかけることなく好き放題に寝て、空腹を報せるお腹の音とともに重い腰を上げ。
 
ベッドの上でカップラーメンとポテトチップスを食べ散らかして、空になったらプラ容器を台所にさげることもなく、ぽりぽりとお尻をかきながら再び眠る――。
 
これこそが、時間にも権力にも世が決めたルールにも縛られない無職生活だと、わたし自身も思っていたんだけど実際には……愛犬の松本(保護犬・雑種のメス)が
 
「起きてー! 起きてー! エサくれ! 散歩つれてけ! 早くー!」
 
と飛びかかってくる毎朝であるため、ルーズな生活などまるで味わえない。権力には縛られないけど愛犬の腹時計に振り回される、いたって規則正しい無職生活。
 
 
 

無職は昼夜逆転生活なのか?

 
――が、ある日を境にいとも簡単に昼夜逆転。きっともう多くの人がそれを手に楽しんでおられることでしょう。我が家ももちろんそうです。
 
自堕落一直線・大人の玩具!
GO to 廃人! 人類廃人化計画進行中!
その遊具の名を人は『Amazon Fire TV Stick』と名付けた。
 
第一世代でその存在を知って手に取り「時代はここまできたか!」と興奮したあの日から時はコクコクと進み、ブルーレイレコーダーを買い換えたついでにAmazon Fire TV Stick[第三世代]に切り替え、
 
いわゆる地上波放送をいわゆるテレビのチャンネルで見る機会が激減。Amazon Fire TV StickでTVer(他)をダウンロードして、民放~地方番組・海外ドラマまで見てます見てます ソファの前から一歩も動いてやるもんか。
 
 
仕事が忙しい時にはついつい後回しになっていた数多の番組チェック、今ではすっかり市民権を得たともいえる「様々な有名人が開設」したyoutubeチャンネルのチェックなんかも一気にドーン!
 
と、見始めたら、気がつくと深夜2時過ぎ。
 
ここから寝ると愛犬松本の朝の散歩に支障が出てしまうから……と結局そのまま見続けて、ベッドに潜り込むのはお昼前。
 
ってな感じで、無職になると昼夜逆転生活を誘発する大人の玩具の使用に自制が効かなくなります。それはそれはもう、楽しいったらありゃしないのです。自由っていいね
 
 

無職の葛藤と気にしない精神

 
けれどそこは、ほんの少し前まで一般社会に生きていたごくごく普通の人間であるため「このままでいいわけがない」「どこかで朝型の生活に戻さなければならない」「堕ちるところまで堕ちたくはない」と生真面目な自分が顔を出します。
 
不規則な生活で「太りたくない」「(手間暇とお金をかけていた)髪からハリと艶が失われるのは許せない」「肌を衰えさせたくない」という女心と、ほんの少し前までプロのヘアメイクだったプライドが、鏡の中に語りかけます。
 
「明日の朝、いちばんで郵便局に行かなければならない」「スーパーの朝市に8時に並びたい」「だってトマトとキュウリが安いから」など、普通のおばさんが顔を覗かせます。
 
午前5時、雨音に目が覚める。
遮光カーテンの裾をかるくつまむと、灰色の空が低い。
 
 雨降りでも気にしない
 
奥田民生さんの「マシマロ」を耳の中に思いだしながら、再び入眠。
無職っていいなあ……。カラダのあちこちから芯が抜けていく。
 
「これが熟睡ってやつかも」
なんてうっとりと深い眠りにつく、間もなく、愛犬松本が起こしにくる。
 
 遅れてても気にしない
 だめな僕を気にしない
 げにこの世はせちがらい