疲れたからちょっと無職になってみた

明日死ぬとしたら、生き方が変わるのか?

無職が、無職予算300万円からひと晩で50万円使い切ってみた

 

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20190916232925p:plain

 

 

無職予算は300万円と決めた。
300万円を使い切るまでは無職でいることを決めた。
 
大切に大切に使うべく家計簿アプリzaimをスマホに入れて、自分が月々なににどのくらいお金を使っているのかを把握して、大人の無職(?)の名に恥じぬよう清く正しく働かざるを実施しようと心に決めた。
 
それなのに無職1週間目にして50万円も使ってしまった。
 
ルールを設けられると破りたくなる、縛りつけられると破滅にすすみたくなる、故・尾崎豊スピリットをひそかに継承しているのかもしれない。ヤんなるぜ。
 
 

無職は無敵だ、無職以上に怖いものなどないのだ

 
天国ことドラッグストアでの散財なんて、正直たかが知れている。だって無職1週間だもの。わたしが50万円のほとんどを(たったの数時間で)使った場所、人々は其処をこう呼ぶ。
 
ホストクラブ。
 
ずっと行ってみたいと思っていた。でも汗水垂らして頭を下げ下げ稼いだマネーを恋人でも家族でもない見知らぬ男なんぞに使いたくないとも思っていた。
 ヘアメイクをやっている(た)こともあり、美しい男女など見慣れている。お話上手な方々なら見聞飽きている。わざわざ好き好んでホストにお金を落とす必要もなかろう。
 
と、頭では分かっていた。しかしわたしは無職。仕事をしない・仕事をしていないという恐怖以上に怖いものなどないのである。そう、無職は言い換えれば無敵なのだ。
 
無敵とはいえ、好みでもない上に面白くもないホストにお金は使いたくない。1円たりともヤだ。顔はいいけどおもんないホストはその上をいくくらい絶対の絶対に嫌だ。
 顔の良さ(だけ)に心奪われて支払った飲み代のぶんだけ、意趣遺恨が強く孫の代まで苦しみそう。
 
太っているホストは嫌だ。オラオラなホストも嫌だ。聞き上手が売りのホストも嫌だし、かといってマシンガントークをぶっ放されるのも嫌だ。
 ホストホストしているホストも嫌だし、でもホストホストしてないホストと飲んで喋るくらいなら、知り合いのちょっと顔のいい気の合う放送作家と飲めばいいわけで。
 
 
でもそれじゃダメなのだ。
なぜならとりあえずお金をまとめて使いたかった。
 
 
 
 

無敵な無職がホストクラブで豪遊したくなった理由

 
無職なのだからお金は大切に使わねばならない。1円たりとも無駄にはできない。←という無言の圧力に耐えきれずドラッグストアやホームセンターで赤い顔してテンパってる自分にドン引いた。
 
ここはいっそのこと、いくらか大きくまとめて使って思い残すことなく、つつしんで無職でいようと思った。旅に出ようかとも思った。しかし幸いなことにわたしは国内外ともに旅慣れている。案外散財しないのである。
 
引っ越してみようかとも思った。でもそうなると無職予算が大幅に減ってしまう。家電もついでに買い替えたくなるだろうし。ソファのレザーも張替えたいし。というわけで「そうだ、ホストクラブ行こう」となった。
 
 
 

ホストクラブ未経験のまま人生を終えたくない

 
なぜわたしがそんなにもホストクラブに行きたかったというと、二十代半ばの頃にホストクラブオーナーとお付き合いをしていた過去があるからに他ならない。
 ホストクラブのオーナーと付き合ってしまったにも関わらず、「君はうちの店には来るな、系列店も行くな」「ああいったところでは遊ばないでくれ」と彼の店に遊びに行くことはおろか、他店で遊ぶことも厳しく禁じられていたからである。
 
その彼とはBARで知り合った。元ホスト・ホストクラブ経営者だなんて知らなかった。そっちの世界はまったく疎かったし、歌舞伎町のホストがしょぼくれた街の一角にあるしょっぱいBARで塩を肴に一人でお酒を飲んでるなんて思いもしなかった。
 
こんなに薄汚いBAR(ごめんねマスター)で完全に浮きまくっているこの超イケメンは、疲れが見せる幻かしら? とジロジロ見ていたところ会話がはじまり気づくと上に乗られていた、いや、乗っていたかもしれない。
 
ホストと呼ばれる人たちの生態を知っている女性なら、彼を元ホストだと即座に見破ったのかもしれない。けれどわたしは彼のことを「売れない役者」だと思っていた。姿かたちは怪しげなほど麗しかったし、低い声も腹から出ていて安定していたから。
 

 
売れてない俳優のわりにいい暮らしをしてるな、とは思っていた。
売れてない俳優のわりにいい品を身に着けているな、とは思っていた。
 
ドクロモチーフ(いわゆるスカルってやつですね)のアイテムがちらほらと目につくので、センスの妙がみょうに気になっていた。ベルトのバックルがドクロってセンスはどうなんだ? と気がかりだった。
 
空が夕闇に染まると妙に色気が増すのに、昼間に見るとなんだか濃すぎて小汚く見えるのはどうしてなんだろうと不可解に思っていた。「台本とか読んで練習しないの?」とある日たずねてみた。
 
「なんの練習?」「舞台とか映画の」「どうして?」「あなた役者でしょ? 売れてないけど」「俺そんな仕事してないよ、飲食店オーナーだよ」――というわけで彼の正体が売れない俳優ではなくホストクラブの類をいくつか経営している人だと知った。
 
で、件のように「行くな・来るな・遊ぶな」と懇願されていたため、律儀にそれを守っていたというわけ。
 
当時のわたしが会社員だったりしたなら相手の職業や素性を当然のように気にしていたかもしれないけど、こちらもまぁまぁ収入が安定していたり家業も羽振りが良かったので、長い人生のほんのひと枠、つかの間の逢瀬をともにする程度の相手の詳細をさほど気にしてなかったんですよね。
 
ってなわけでホストクラブ経営者と付き合いながらホストクラブに一度も行ったことがなかったわたしは、死ぬまでに一度くらいは足を向けてみたかったというわけ。ホストクラブならある程度まとまった大きなお金を使わせてくれるだろうと期待していた。
 
 
 
 
 

初めてのホストクラブ、無職予算は闇夜の泡と消えていく

 
結論を書くと、約50万円を数時間で使い切った。念願のホストクラブで。
 
初回料金だからなんだかんだ、初回だからどーだかこーだかと、思っていたより親切丁寧に「初回のお客様に負担のかからないシステムである」ということを説明された記憶はあるけれど、何度も通いたくないしひと晩でどうしても50万円ほどを使って遊びたい旨を説明し了承していただいた。
 
お誕生日でもないのに(?)そこそこの見栄えの男子たちに囲まれて、もて囃されてなんだかとっても恥ずかしかった。たかだか数時間の戯れに、人工で彩られた光と闇に一万円札が次々に吸い込まれていく異空間。
 
呼ばれたタクシーの振動が「ここまでが夢だよ、明日からは現実だから」とアルコールで緩んだ身体を揺らし、わたしを醒ます。
 
 
 

誓約、爪に火を灯すようにして無職を嗜むことを

 
無職予算の残が250万円になった。ここからは気を引き締めて、本気で無職に取り組もうと心に誓う。まずは長財布を不格好に膨らませている20枚弱のホスト名刺と明細書をシュレッダーにかける。
 
  • もうこれ以上、無駄遣いも豪遊も絶対にしない。
  • 必要なもの以外には絶対にお金を使わない。
  • あれば便利はなくても平気。無駄遣いは恥である。
 
右掌を心臓付近に添え、上記の誓いを心で繰り返し唱える。
 
 
「よしほな、Zoffに行って眼鏡を新調しよう
 
 
制限されると散財したくなる重い病を、ヤんなるほど患っています。
Money,,,Money makes me crazy!!!