大人の発達障害とカサンドラ症候群と

大人の発達障害とカサンドラ症候群に本当に必要なもの

聴覚過敏にSUREFIRE[シュアファイア]~音という凶器に苦しんだ経験から

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20190426055504j:plain




 

ストレスによる激しい聴覚過敏に苦しんだ経験が、私にはあります。
 
アスペルガーやADHDなどの特性はないけれど、先日書いた「旅行前に知っておきたい覚過敏の3つのこと」の中でも少し触れた聴覚過敏の苦しみと対策なら私自身の実体験と、大人の発達障害の生徒達の経験や対策をまじえて話すことができます。

 

 
私が患った聴覚過敏(受診・検査済)は後天性。いわゆる発達障害からの聴覚過敏を先天性というゆるい括りで読み進めていただけると幸いです。先天性も後天性もどちらにしても、理解を得にくいという共通点があります。

 

 
 
 
 

聴覚過敏に悩む人は増加している

 
近頃、聴覚過敏を考えるニュースを見かける機会が増えました。
 
 
 
 
上記リンク先でいうと、2番目の記事のちゃぼさんの描かれた漫画の状況と心情を、私はとてもよく理解ができます。発症した原因やきっかけはもちろん異なるんだけど、「あ~わかるなぁ~」と共感できる部分がいくつもありました。
 

 

  • 突然鼓膜から脳に向けてアイスピックで突き刺されたかのようでした
  • 様々な音が鋭利な凶器となって私を襲ってきました
 
――と描かれた部分が漫画の中にありますが、まさにそれ! と膝をうちました。昨日まで、1週間前まで、『音』だったものが、私を"気狂い"にしようと凶器と成り代わって次々に襲ってくるんですよね。
 
 
 
 
 

音という凶器に苦しむ聴覚過敏

 
たとえば今、私はパソコンでこの文章を書いています。キータッチの音やクリック音はふつうの音として、正常な音量で両耳に入ってきます。けれど聴覚過敏だった頃は、まったく無理でした。
 
カチャカチャカチャという小気味いい(とさえ思っていた)キータッチの音は、鼓膜を突き破るキンキン音として聴覚を刺してくるんです。音に刺されれる、音にめった刺しされるという表現でもまだ全然足りない。
 
 
耳にうるさくて、耳が苦しくて、音の恐怖に冷静さが押しつぶされて鼓動が早くなります。耳そのものもカンカンにあつく熱を帯びている感覚があり、自分の手で耳に軽く触れるだけでも痛みが走るような感覚をおぼえました。
 
 
衣擦れの音やベッドの軋み、自分の髪と枕が触れ合った音……あらゆる音がダメになり、挙句の果てには愛犬・松本(雑種の保護犬)の寝息の音が耳をつんざくようになり、このままでは私は生きることを放棄したくなるかもしれない……と本気で危機を覚えました。
 
 
視覚過敏や触覚過敏、聴覚過敏にも当然『個人差』はあるでしょう。
 
けれど、聴覚過敏と発達障害を併せ持つ生徒達に話を聞くと「分かりますよ(笑)」「あんじ先生もたいがい…しなくていい色んな苦労をなさってますよね」と笑われるので、程度の差こそあれ似たり寄ったりなんだろうなと。
 
 
 
 
 

聴覚過敏完治後の生活・音との付き合い方

 
正直に書きます。私はもう聴覚過敏ではありません。けれど起きている時間の1/2は在宅中であれ外出中であれ「イヤホン」「ヘッドホン」のいずれかを耳に装着しています。
 
 
私は音楽が大好きで、ラジオを聴くのも大好きです。以前はスピーカーで音を流し家事をしながら、仕事をしながら聴いていました。しかし聴覚過敏をわずらってからは…「音に苦しんでいる人が、案外近くにいるかもしれない」と、イヤホン・ヘッドホンで音を取り入れるようになりました。
 
 
というのも本当の気持ちですが、もうひとつ本心があります。それは「私が必要としていない余計な音は聞きたくない」からです。聴覚過敏をわずらってから、そんな風に意識が変わりました。
 
 
 

本当に、数年以上愛用しているイヤホン類

 
長く使っているので生産が終わった品もありますが、聴覚過敏発症時から現在に至るまで本当に数年以上愛用しているものを紹介します。
 
 
SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N
 
 

 
 
ソニーのこちらのイヤホンは5回リピート購入したくらい私に合っていて、生産中止になると非常に困るのでストック用に3つ。Amazonファイヤースティックとのペアリングに1つ、Bluetooth非対応のテレビにつないだトランスミッタとのペアリングに1つと使いまくりです(笑)。
 
こちらのイヤホンを気に入っている理由は、ノイズキャンセリング具合がちょうどいいからです。ノイズキャンセリングの精度が高すぎると、それはそれで不具合も出てきますので余計な音はシャットアウトしてくれるけど、ボリュームを下げれば必要な生活音はきちんと聞こえるので、とってもお気に入りです
 
 
 
Anker SoundBuds Flow - Bluetoothイヤホン
 
こちらAnkerのSoundBuds FlowはAmazonのレビューを見ると、極端に意見が分かれる品質だったようで…発売からわりと早めに生産停止になっちゃったみたいですが、
 
私のこのコはまだまだ現役で不具合もなにもなく、昨日もジムのマシンで走っている私の耳を楽しませてくれていました。とっても軽量だし防水仕様のためボタンも固めなので私的には使い勝手が良いのです。巷の評判とは真逆で(笑)
 
 
 
【YAXIのイヤーパッド】をヘッドフォンに装着
 
スタジオミュージシャンをやっている友人から貰ったヘッドフォンに、YAXIのイヤーパッドを装着して「耳への接地面をもっふもふ」にして使っています。
 
前述しましたように、聴覚過敏があると(私は)耳そのものに熱が帯び、耳そのものが過敏になり痛く感じる傾向にありましたので、いわゆる耳の中で膨張する耳栓などは受け付けませんでした。強い痛みが出ました。
 
当時の私と同じように耳栓がNGで、耳そのものにも違和感や痛みが出るほどの過敏に悩まれている場合は、イヤーパッドの装着をおすすめします。
 
私の経験談ですが、イヤーパッドの類はAmazonでまず買うよりも、店頭で使い心地などを実際に試されてから購入なさるといいんじゃないかな? と思います。
 
 
 

発達障害+「聴覚過敏」がある生徒達が愛用

 
ADHDやアスペルガーなどの発達障害に「聴覚過敏」を併せ持つ生徒達が、普段の生活や職場で愛用しており、個人の合う合わないはあるでしょうけどオススメですよ~! と教えてくれた耳栓が2種類あります。
 
 
 

ミスサイレンシア

 
会社でも(髪で耳が隠れるので)使っている、という生徒さん達は「ミスサイレンシア」愛用者が多かったです。



完全に音が遮断されると仕事に支障がでるので、ミスサイレンシアくらいがちょうどいいのだとか。※安いしドラッグストアでも売られているので、劣化したら気軽に取り換えられるんだそう
 
 

 

SUREFIRE/シュアファイア

 

  • SUREFIRE(シュアファイア) のEP4・SONIC DEFENDER
  • SUREFIRE(シュアファイア) イヤーマフ ソニックデフェンダー マックス

のいずれかを「すごくいい! 買ってよかった!」「耳に入れたくない音と耳に入れなきゃいけない音を、ちゃんと振り分けている感覚ってこんな感じなんだ! 初めて分かった!」と驚いたり、とても喜んで使っている生徒が多いです。

 
いずれもはじめはちょっぴり装着にコツが必要とのことですが、「もう絶対に手放せない!」「こういうのがほしかった!」と聴覚過敏に悩む生徒達が口々に言っています。
 
聴覚過敏に苦しんだ時にこのシュアファイアの商品を知っていればな…と思うほど、うちの生徒達には評判がいいです。
 
】上記ではEP4・SONIC DEFENDERとソニックデフェンダー マックスの2種類をあげましたが、耳の穴の形状はひとぞれぞれですし(左右の形状が違う方もおられますし)、シュアファイアはいくつか種類がありますのでご自身、またはご家族に合うものが見つかりますように…!
 
 
 
聴覚過敏や視覚過敏を持つ人にとっては、楽しみよりも不安やストレスも多くなる長期連休・観光スポット。前回の記事と今回の記事がすこしでも、わずかでも、お役に立てれば嬉しいです。(大人の発達障害トレーナー/カサンドラ症候群カウンセラー設楽あんじ)