大人の発達障害とカサンドラ症候群と

大人の発達障害とカサンドラ症候群に本当に必要なもの

99%必要なのに、8割の人が怖がる会話の沈黙と無言の時間~大人の発達障害のための会話術【基本編】

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20190303041235p:plain


 

 

 

先週から今日までなにをやって過ごしていましたか? この1週間、どんな毎日でしたか? 先週はどんなことをして過ごしてましたか?
 
――日常的によく交わされるこれらの問いかけなど、しょせんは挨拶に同じ。親切丁寧きちんきちんと順を追って答える必要など『ほぼゼロ』です。
 
という話は前回や、これまでの記事でも書いた通りです。

 

 
 
 

他人は他人の日常に興味がないので安心せよ!

 
もうひとつ正直に言うなら、他人は他人の日々の過ごし方にほとんど興味がありません。もしもあなたが国民のアイドル、日本を代表する俳優・女優なら別です。多くの人があなたの1週間に……あなたの昨日の過ごし方に熱い視線と熱い吐息を送っているかもしれません。
 
 
しかしあなたがそこらへんを歩いていても、写真週刊誌に狙われない程度の人であるなら、この地球上の99%の他人は、あなたの日々に興味がありません
 
 
どうですか? すこしは「気楽」になりましたか?

 

よかった……真面目に律儀に答えなくていいんだ、って思えましたか?
 
 
思えたならよかったです。「くそぉ! 誰もかれも俺/わたしに興味がないのかよ!」ってむなしくなりましたか? 
 
人生なんてそんなもんです。多くの人の興味のベクトルは(ストーカーでもない限り)基本的には自分に向いています。
 
だってみんな生きるのに必死。他人が先週の木曜日になにやって過ごしてたか、他人が2日前の夜になにを食べたかなんて、家族でもない限りどーだっていい。
 
他人が他人に強い関心を持ってしまう瞬間は、もっぱら2つの時しかないと言われています。1つは他人に不幸が舞い降りた時。もう1つは自分に不幸が舞い降りた時。
 
 
だから、真面目に律儀に答えなくていいです。
肩のチカラ、ふっと抜いてください。
その上で……下記のように想像してみてください。
 
 
 
 
 

先週はどんなことをして過ごしてましたか?

 
――もしもあなたが[仮に]インスタのアカウントを持っているとして
 
インスタに『画像付きでアップしたいと思える』場所に行った・食べた・経験したならば、そのことをちょこっとだけ話してみる。
 
  • ××に行ってきました
  • ○○を食べてきました
  • △△に挑戦してきました
 
相手がこれらに興味があれば「それってなぁに?」「面白かった?」「美味しかった?」とたずねてくるので、あなたはそれに答えるだけでいい。
 
きかれたことに答えるだけでいいです。知識を披露したり、勢いをつけてバーーーーッと喋ることのないように、それはだけは注意してね!
 
 
もちろん相手から何も質問をされないこともあります。
それはどういう時かというと?
 
  1. 相手があなたの行った××や○○△△興味がない場合
  2. 挨拶や社交辞令程度で「先週はどんなことをして過ごしてましたか?」と訊いた場合
  3. あなたに話を振ってはみたけれど、実は自分が話したいことのある場合です
 
 
[1]と[2]はセットとして考えても良いと思います。←と[3]の見極めが難しい時には
 
 
 
上記で詳しく書きましたように、「あなたはどうですか?」と相手に振り返してみる。相手の思惑が[3]だったなら相手が好き勝手に話しはじめるでしょうし
 
相手が[1][2]のつもりだったなら「俺/わたしもとくに……」と会話は終わります。終わればいいです(笑)いや、ほんとに。
 
相手と自分のあいだには沈黙が生まれますが、そんなことは発達障害があろうとなかろうとよくあることですから、とくに気にする必要はありません。
 
むしろ沈黙をどうにかしようと、とってつけたような話の広がらない質問が行き交うほうがお互いにしんどいので、そういう時はあなたの方から「ちょっと(お手洗いに)……」とか言って席を外すと良いですよ。
 
 
そうすれば席に残った側も席を外した側も、ひとり静かに深呼吸&頭と心の整理をする時間が生まれます。それでいいの。
 
 
 
 
 

【注意】沈黙の発生は「席を外して深呼吸できる」絶好のチャンスだけど

 
大人の発達障害の特性を持った生徒達とトレーニングをしている中で――もちろん全員ではないのですが――彼らの頭の中が混乱してしまった際などに『相手の目の前で深くため息』を吐いてしまうシーンを幾度となく見てきました。
 
当人にしてみれば、ため息というよりも、自分を落ち着かせるための深呼吸に相応する大きな呼吸。でも目の前にいる相手には「わざとらしいため息」「不快なため息」に見えることが多い。
 
だからこそ、大きな呼吸は席を外して1人になって堂々と! そのチャンスは会話に「沈黙が生まれた時」です。このチャンスを見逃すのはもったいない!
 
 
 
 
 

コミュニケーション克服本が飛ぶように売れる日本

 
日本って「コミュ障克服」みたいな本が本当によく売れるんだそうです。コミュ障克服系の本は出せば売れる、んだって。だから似たような本がどんどん発売されるんだそうです。
 
知り合いの書籍編集者さん達が仰ってたので、きっと真実なんだと思います。それってつまり……一見すると平然と堂々と、なんら慌てることなく焦ることなく会話を楽しんでそうに見える人も
 
実は裏では……自分の会話力に自信がなかったり、コミュニケーションに悩んでるかもしれないってことを意味しますよね。
 
類まれなる話術で私達視聴者を笑わせ楽しませてくれる芸人さん達の多くが「コミュ障」「人見知り」「テレビの顔とプライべートの顔が真逆(に大人しい・静か)」などと言われるのも、なるほど納得。
 
 
 
 
 

模範解答×リアクション[Aパターン]

 
  • 訊かれたから答えた
  • でも話がいまいち弾まない
  • 沈黙が生まれた
  • お互いの為に席を外す
 
 
 

模範解答×リアクション[Bパターン]

 
  • 訊かれたから答えた
  • でも話がいまいち弾まない
  • あなたは? って訊き返した
  • 相手が喋り出した
  • 相手が喋り終わった
  • 沈黙が生まれた
  • お互いの為に席を外す
 
 
――まずは上記の2パターンができるようになればOKです。これが基礎・基本。基本を知らずして応用はきかないです。
 
とくに発達障害の特性があると臨機応変な対応や、その場の空気に応じてリアクション(反応・返答)をアレンジするのは苦手ですよね。だからまずは基本から!
 
 
 
補足ですが――別にインスタに載せるほどでもない場所に行っただけ・食べたたけ・経験しただけなら、とくに言わなくてもいいです。
 
 
先週はどんなことをして過ごしてましたか? → 「とくになにもない、仕事と帰って寝るだけの往復でした(笑)――あなたは?」
 
 
ポイントは2つあります
 
 【1】 >仕事と帰って寝るだけの往復 ←このように言われると、相手はもうこれ以上質問の仕様がないんですよね。
 
 ふつうなら、ふつうの大人なら、このような対応をされてしまったら『会話をシャットダウンされた!』と気づくからです。このように答えたのにぐいぐい掘り下げて、疑って「本当は違うでしょ~?」「本当はなにかあったでしょ~? 隠さないで言ってくださいよ~」などと訊いてくる相手の方がどうかしてるので
 
 【2】「本当ですよ(笑) あなたは?」と、さっさと会話のバトンを渡すのが無難です。とにかく「あなたは?」と相手にバトンを渡すのは困った時の救世ワード。
 
 あまりにもバトンを渡しすぎると「会話をしたくないのかな? 秘密主義なのかな?」と思われてしまうかもしれないけど、まぁそれはそれですよね。言いたけりゃ言うし、聞いてほしい話なら訊かれなくても言うしね
 
 
 

【受付一時停止】カウセリング新規申込みの受付停止

 
●毎年3月の終わり~夏前までの数か月のあいだ、環境が変わる・変わったことによって発達障害の特性が大きく出てしまい、心身に混乱が出てしまう方々や
 
その方々の家族、職場で彼らの指導を担当することになった方々からのトレーニング要請・カウンセリング要請が通常時の10倍以上となります。
 
●今年も例年通り、弊カウンセリングやトレーニングの申し込み希望も増えてまいり、初回カウセリングのご予約をとるのが難しくなってきました。
 
誠にありがたいのですがそういった事情で、申し訳ありませんがカウセリング・トレーニング受付は『3月8日金曜日』を持ちまして、しばらくのあいだ停止と致します。受付再開の目途は現時点では不明です。申し訳ございません。
 
 
 

#凸凹短歌 0011

 
「沈黙」はコマーシャルだと思えばいい
慌てず 焦らず パニクらず
 
 
 

大人の発達障害トレーニング/カサンドラ症候群カウンセリング・トレーニング

 
①問い合わせ・お申し込みフォーム
 
②QRコードでフォームを立ち上げる

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20190217194806j:plain

 
 返信は、祝祭日や弊社定休日を除く3日以内に行います。