大人の発達障害とカサンドラ症候群と

大人の発達障害とカサンドラ症候群に本当に必要なもの

腰の痛みで人は人生を終えられると思ったけど、腰痛は治ってしまった♡

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20190320172930p:plain






 

40歳になったらはじめたいと思っていた。

 
自分自身のためにずーっと継続させる予定の、健康のための日々のストレッチとヨガ。女ですもの、ほんとは美容と健康のためと書きたいよ。
 
でも……今の私のストレッチとヨガはやっぱり健康維持と、長年のゆがみの矯正のためでしかないのがほんのちょっぴり、ほのかに切なく。

 

 

腰痛に悩んだ30代

 
私は腰が悪い人だと思っていた、自分のことを。リハビリ施設の整っている整形外科で週に1度、PT(理学療法士)の指導でリハビリを受けていた。
 
けれどPTに教わったストレッチを自宅で毎日するかというと、しなかった。だってめんどうだったから。忙しかったし。整形外科で買った「いいコルセット」を巻いていれば、骨盤も立ったし腰も保護されていたから。
 
上にも書いたけど、週に1度のPTとのリハビリも真面目に通っていたから、なんら問題ないと思っていた。
 
腰痛が出てコルセットを手放せなくなる頻度が上がって、モーラステープの「在庫」がないと不安になる自分に気づいていながら、認めないふり、してた。
 
 
 

腰痛に背中の張りが加わってきた30代半ば

 
背中がぱきぱきに張っても、その時にとりかかっている仕事の手をとめてストレッチをしたり体をほぐしたり……なんてしなかった。
 
あたたかいお風呂に入れば、凝り固まりもほぐれていたから。朝起きて、起きたての体がガチガチだったとしても「マットレスが悪い」「まくらが悪い」と買いかえていた。
 
なんならその買いかえ行為を「健康への意識と美意識が高い私バンザイ」くらいに思ってた。番組の女性プロデューサーやヘアメイク仲間やスタイリスト仲間と、表参道や青山の隠れ家サロンで月に1~2度ボディメンテをするのもやっぱり「健康への意識と美意識が高い私」とうっとりしていた。
 
 
 

腰痛に背中の張り、肩甲骨の下が痛みはじめた30代後半

 
起床時だったと思う。ベッドから起き上がろうと体をひねったんだと思う。肩甲骨の下あたりから、ブチッだかバキッだかいう不吉な大音量。体が真っ二つに割れた――と本気で思ったほどの激痛が全身を貫いた。
 
 
いーーーーーたーーーーーーいーーーーー!
 
 
ああ、こんな時なのに私はひとり。
くそぉ、こんなことなら離婚するんじゃなかった。って一瞬の後悔。
飼い主の悲鳴に腰が引けた様子の愛犬、その名は松本(メス・雑種)。
 
「松本ぉ~モーラステープ持ってきてよぉ~」

って言いたいけど、声を出すと体に亀裂が入る、ような気がするほどの強い痛み。仮に声が出たとしても松本はモーラステープをくわえてベッドに持ってきてはくれまい。
 
こんなことなら教育しとくんだった。これもまた後悔。
 
引き出しに前足をかけて体重をかけて、ぐぐぐっと引っ張ったら、湿布入れのボックスがあるから、そこから1枚くわえて持ってきて……なんて。
 
 
ああ、人生って小さな後悔のミルフィーユ仕立てなんだな。だから時々おいしいんだ。なんて意味のわからないことを激痛とともに考える。
 
考えていてもさっぱり埒はあかないし、松本にエサも与えなきゃいけないし、こんな時に「直接的に」力になってくれるのは……あの人しかいない。
 
少し前に連絡先をきかれててよかった。もったいぶって、いい女ぶって、私の連絡先は高いのよ? なんて昔のトレンディドラマみたいなつまらないことをしてなくてよかった。
 
 
この日をきっかけに通っていた整形外科の、年下のPT(理学療法士)と付き合うことになろうとは……人生なにが起きるなんて、読めない読めない。まったく読めないったら読めない。
 
 
 

40代の体はどこが、じゃなくて満身創痍

 
蜜月は甘ったるいまま過ぎていって「再婚は今はまだ考えられないんだよねー」って次の出会いがあるかどうかも分からないのに、プロポーズをお断りして、新しい街に越してきた。
 
体はもう30代後半のそれとは比べものにならないほど、ずたぼろになっていた。体のどこにも痛みや違和感をおぼえない日がない。
 
首がかたい。肩がいたい。肩甲骨の内側が張っていて血流が滞って熱を帯びている。股関節がかたい。座ってると痛い。腰の痛さに鈍感になるくらい、あっちこっちが次々痛い、痛くてかたくて痺れすら伴ってきた。
 
 
これは、まずい。
痛みで人は生を終えられる気がする。
 
 
ストレッチとヨガを欠かせない毎日は、体が呼吸していると感じる。なーんだ、こんなにも気持ちいいことだったんだ。だったらもっと早くに、もっと真面目にやってればよかった。
 
  • 腰痛って出なくなるんだね
  • 四十肩ってケアが早いとすぐに引っ込むんだね
  • 猫背って、いろんな痛みを呼ぶんだね
  • モーラステープが手放せる日がくるなんて思わなかった
  • とにかく着手すべきは四の五の言わず「骨盤」の前・後傾を正すことなんだ
 
そういえば元カレ(PT)からも「骨盤!」って口酸っぱく言われてた。
 
 
40歳になったらはじめたいと思っていたストレッチとヨガは、私の体を健康に、そして心を健やかに保ってくれるなによりの「くつろぎ」となった。

www.youtube.com


www.youtube.com


 
体の不調は心から安らぎを奪っていくんだってこと、逆も然りだってことを知れた40代突入。ほんとうは、願わくば、毎日じゃなく週に3~4回のストレッチやヨガで維持したい。
 
十年前後も誤魔化し続けた骨盤や背骨の不調が、そんなにも簡単に整うことはありえない。だから継続。とにかく続ける。それしかない。私は有言実行の人。できる・できる・できる。
 
 
誰に見せる予定もないけれど、1年前よりも美しく伸び始めた背筋にほんのわずかに、いい筋肉がついてきた。うん、今年の夏は……ひさしぶりに誰かとデートなんてしてみたい、かもしれない。Amazonファイヤースティックばんざーい。