大人の発達障害とカサンドラ症候群と

大人の発達障害とカサンドラ症候群に本当に必要なもの

【実録】発達障害のある・なしで質問への回答はこのくらい違う~先週はどんなことをして過ごしていましたか?

 

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20190228235144p:plain

 

 

今日はどんな日だった? 昨日はなにしてた? 先週はどんなことをして過ごしていたの? 日常的に頻繁に見聞きする質問の代表格とも言えます。
 
私はメイクやスタイリングの講師として、月に2度ほどお勉強会に招かれることもあるので、そちらの生徒達にも「先週はどんなことをして過ごしてましたか?」とたずねます。
 
大人の発達障害を改善したいと努力を惜しまない生徒達に向けても、「昨日はなにしてたの?」「前回のトレーニングから今日までどんなことしてましたか?」と、たずねま……たずねていました
 
"過去形"なのにはもちろんそれなりの理由がありまして――

 

 
 

発達障害の「特性がない人」との質疑回答例/今週の実例

 
 
 
メイクやスタイリング講座の生徒達に「先週はどんなことをして過ごしてましたか?」とたずねると下記のようなリアクションが次々に返ってきます。
 
生徒A)課題がむずくて大変でしたー!
他の生徒達が同意したり笑ったり)ハハハハ! わかるー! 難しかったー!
 
生徒B)先生、SHU UEMURAのオイル使ってます?
私)クレンジングのこと? それともパーフェクターオイル?
生徒B)そっちー!
 

 
私)使ってたことあるし良いけど、たかーい! お金がつづかなーい!
他の生徒達は商品名のメモをとったり笑ったり)ハハハハ!  
 
生徒B)やっぱり良いですか?
私)高いだけのことはあるね~
 
生徒C)でもお財布泣かせ~?
私)高いだけのことはあるね~
 
一同笑う)アハハハハ!
私)じゃ講義はじめるよ~
 
 
 
 
 
「先週はどんなことをして過ごしてましたか?」←これはいわば、挨拶です。会話のきっかけ、会話の糸口。
 
その証拠に上記に挙げた実例では生徒の誰1人として、先週はどんなことをして過ごしてましたか? に対する誠実な答えは述べていません。けれど講師の私を含む教室にいた男女19名は盛り上がり、楽しい気持ちで講義に入ることができました。

 
では、大人の発達障害の特性を持つ生徒とのトレーニングではどうなるでしょう?

こちらも先週の土曜日の授業での実例からまいります。※こちらの授業はスカイプやLINEのビデオ通話で行っています

 
 
 
 

発達障害の「特性を持つ人」との質疑回答例/先週の実例

 
私)こんにちは
生徒G)こんにちは……す、すいません
 
私)ん? なにか謝るようなことしたの?
生徒G)スカイプの着信にすぐ出られなくて……すいません
 
私)ハハハハ!
生徒G)おかしいですよね、すぐに出ないなんて……(苦笑)
 
私)違う違う、そんなことなにも悪くないよ。謝らなくていいことで謝らなくていいんだよー。律儀だなーと思ったら微笑ましく感じたから笑ったんだよ
 
生徒G)……律儀ですか?
私)うん、律儀・真面目。決して悪いことじゃないよ。それらはとてもいいことです。でも1つだけ質問してもいい?
 
生徒G、背筋が伸びて表情が固まる/緊張した面持ち)はい
 
私)怒ったり注意するわけじゃないから、もっとリラックス~
生徒G)はい……すいません
 
私)スカイプの着信にすぐに出られなかった、ってさっき言ってたでしょ?
生徒G)はい……すいません
 
私)着信の出方が分からなかった?
生徒G)いえ……あ、いえ……
 
私)遠慮せず、言ってみ言ってみ。自分の言葉で言ってごらん
生徒G)前回の授業で習ったことを復習しておこうと思ってノートを読み返してたら、着信が鳴って、わーって
 
私)わーって、ちょっとパニック?
生徒G)着信きたー! って
 
私)着信の音にびっくり?
生徒G)いいえ。わー! って
 
私)そっか、オッケオッケ(笑) じゃあ今度は別の、ぜんぜん別の質問を1つしてもいい?
生徒G、緊張した面持ちはほどけて自然な笑顔)はい!
 
私)前回のトレーニングから今日までどんなことしてましたか?
生徒G)固まる → 考え込む → うーん、うーんと考え込む
 
 
あ る あ る (笑)
 
 
 
 
発達障害の特性を持つ生徒Gさんは――ご本人の許可を得ています――今年42歳の女性です。当ブログを通じて申し込みをいただき、トレーニングを開始したばかり。応募動機は
 
  1. 人の気持ちをすぐに分かるようになってみたかった
  2. 会社で嫌われていることを知ってショックだった
  3. 治るのなら最後のチャンスで治してみたかった(薬を飲まずに治してみたい
  4. ふつうに恋愛をしてふつうに結婚をしてみたいと思った
  5. 対面だと怖かったけどスカイプやLINEでもいいなら自分にもできるかもと思った
  6. メイクやファッションも教えてもらえるなら教えてもらいたいと思った
  7. 母親との関係を相談できる人が周りにいないので聞いてもらいたいと思った
 
 
とのこと。ちなみに私は医者ではないので「治せはしません」。もちろんお薬も出せません。だけど「生きやすくなったー!」「ふつうってこんなに楽なことで、たのしかったんだ!」って1日も早く思えるように適切な指導をするのみです。
 
さてでは、今こちらの記事をごらんいただいている生徒Gさんの気持ちが"よくわかる~!"な方々に向けて――前回のトレーニングから今日までどんなことしてましたか?とたずねられた時の良いリアクション(反応・返答)の仕方を伝えていきたいと思います
(つづく)
 
 

#凸凹短歌 0010

 
どちらかが 良くて悪い わけじゃない
「違いは違い」で 受けとめればいい
 

 

大人の発達障害レーニング/カサンドラ症候群カウンセリング・トレーニン

 
①問い合わせ・お申し込みフォーム
 
 
QRコードでフォームを立ち上げる

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20190217194806j:plain

 
 返信は、祝祭日や弊社定休日を除く3日以内に行います。