大人の発達障害とカサンドラ症候群と

大人の発達障害とカサンドラ症候群に本当に必要なもの

長蛇の列でも気にしない「1円単位で小銭は出したい!」~カサンドラ症候群と大人の発達障害の理解しあえないところ~

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20190219131032p:plain



 

 
自分は超がつくほどの常識人で賢者。しかし、恋人期間を経て妻となった私のことは(帰国子女だから)個性的で変わっていて日本の常識を知らないのは仕方のないこと、教えてあげなければ! 支えてやらなければ! 
 
――と思い込んでいた元夫に"発達障害がある"と分かったのは離縁して5年が過ぎた頃。元夫の姉妹からの「相談」と称する電話がきっかけだった。

 

 
 
 ※その後、元夫の姉妹を通じて、元夫の現在の奥さまからのカサンドラ症候群の相談に乗ったりアドバイスもしています(笑)
 
このあたりのことに関してはいつか機会があれば書くとして……
 
 
大人の発達障害を(ひそかに)持っていた元夫の言動で
 
  • 理解ができない
  • 変わっている
  • なんでそういうことを言ったりやったりするんだろう
  • もう少し周囲に目を配って、その場に相応しい行動をとれないものか
 
などと常日頃感じていたものはいくつもある、そう、いくつも。
 
 
 
 

レジが長蛇の列でも気にしない・超マイペース

 
買い物へ行くと、1円単位の小銭まできっちり出したがる。
仮に合計金額が1487円だったとする。お財布の中に2000円があっても、1500円あっても
 
  • 千円札……1枚
  • 100円玉……4枚
  • 50円玉が1枚に10円玉が3枚か、10円玉が8枚
  • 5円玉が1枚に1円玉が2枚、もしくは1円玉で7枚
 
といった風に支払いたがる。レジ担当者は完全に表情を消して直立待機。
いつの間にか長蛇の列になっていた元夫の後列のお客様は、般若のような表情で、夫の後頭部を睨みつけている。
 
わざとらしく咳ばらいをするお客様もいれば
鼻と肩で大きなため息を繰り返すお客様たちもいた。
 
もちろんその方々の睨みは、私の横顔にも突き刺さる。
 
「おまえがなんとか言えよ!」
「おまえがもっとせっつけよ!」
 
と言われているとしか思えない視線の刃がブスブスと遠慮なく突き刺さる。
 
般若など存在していないかのように、般若たちにもよく見えるように分かりやすく恐縮MAXに振る舞っている私のこともまるで見えないかのように、元夫は最後の1円を出し終わり、満足げに財布をポケットに仕舞いこむ。
 
 

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20190219131040p:plain 

 
 
 

どうして「人の目」が気にならないの?

 
するとレジ担当者が氷のように冷たい声で言い放つ。
「レジ袋はご入用ですか?」
 
元夫は地元のCMに出ていた頃を彷彿とさせる、イケメンフェイスで言い返す。
「ください」
 
レジ担当者が「4円になります」と言い、元夫が優雅な動作でポケットから財布を取りだした刹那、私の右手が我慢しきれずに割って入った。
 
「これでお願いしますっ!」
 
レジトレイの上に置かれたほくほくの10円玉。いつの間にか握りしめていたようで、湯気が立っていた(ウソ)。後列で脳天から湯気を出しっぱなしの般若たちとレジ担当からの拍手と歓声が"魂越し"に聞こえた気がした。
 
 
元夫のご両親曰く、こんなことは子どもの頃から日常茶飯事で繰り返されてきたことらしく「こまけぇ性格」「男のくせにいちいち細かい」くらいに思っていたそうだ。
 
しかし元夫の姉妹は、子どもの頃から繰り返し見てきたその行為を
 
  • 「すごく嫌」
  • 「恥ずかしい」
  • とても格好悪い
  • 「後列の人たちが待っているのに(こういうことをやるなんて)自己中としか言いようがない」
  • 「自分がしたいようにすることが優先で、他人の迷惑を考えない無神経さが嫌」
 
 
と怒ったり悲しんだり、一緒に歩くのも一緒に買い物に行くのも嫌になった。と当時を嘆いていた。分かる、分かるよ~その気持ち!!(つづく)
 
 
 

#凸凹短歌 0001

 
チャリチャリと小銭響かすイケメンと
距離をおきたい 土日のレジ前
 
 
 

大人の発達障害トレーニング/カサンドラ症候群カウンセリング・トレーニング

 
 
 
 
②QRコードでフォームを立ち上げる

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20190217194806j:plain

大人の発達障害トレーニング
 
 返信は、祝祭日や弊社定休日を除く3日以内に行います。