大人の発達障害とカサンドラ症候群と

大人の発達障害とカサンドラ症候群に本当に必要なもの

発達障害の「体感時間の凸凹」や「過集中」の改善に役立つ3つの準備

 

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20190217200156j:plain

 

 

前回・前々回の更新では、大人の発達障害に見られることの多い「体感時間のズレ」の例を2つ挙げました。今回はそれに加えて「過集中傾向の強いタイプ」にも一定以上の効果が見られた実例・アイテムを紹介します。

 

 
 
 
 
 
 

発達障害の「体感時間の凸凹」や「過集中」の改善に役立つアイテム

 
結論から先に述べるとそのアイテムは「タイマー/キッチンタイマー」です。

スマホについているタイマーでは効果いずれの場合も低かったので、悪しからずごご理解くださいませ。
 
 
 
 
 

タイマー/キッチンタイマーは3つ"違い"が良い理由

 
 タイマーの必要個数は「3つ」です。
 ただし3つとも「同じ色・同じ形・同じ形式」なのはダメです。
 異なる色や形・形式のタイマー/キッチンタイマーが「3つ必要」です。
 
 ※注意
  ・100均の品は壊れやすかったので、特性改善のために使うなら絶対NG
  ・色や形・形状が異なることに意味があるので、同一種タイマーはNG
  ・タイマーの色は違うけれど、形は同じはNG
  ・すべてバラバラであることが望ましい
 
 
生徒の多くは家電量販店やAmazonなどで[dretec/ドリテック]のタイマー/キッチンタイマーをメイン使いにしています。デジタルが大きくて見やすく、操作が簡単なため。
 
 
ちなみに私自身は、大人の発達障害の授業でこちらを使用しています。※[15分以上は無制限]の生徒が敏感に反応するのもこちらのタイマーです(笑)
 
 
 

 
 
 
 

タイマー選びの注意点

 
タイマーによっては初めから「10秒・1分・10分」などの3つのボタンが設定されているものがありますが、生徒たちはそれらの機能のついたタイマーは使用していません
 
 
なぜなら、生徒たちの特性や"生活の癖"をプロのトレーナーである私から見ると、その時間の刻み――「10秒・1分・10分」――は彼らにとって多くの場合不必要だからです。また「無音機能/サイレンス機能」も不要です。
 
 
自由に時間を設定できるタイマー/キッチンタイマーであることが、経験上、望ましく好結果に繋がっていました。
 
 
 注意① ただしこれは、トレーニングとして接している生徒個人個人の特性の特徴や"生活の癖"を私が把握しているからこそ個々人に合った時間設定や、個々人に結果の出る使い方を適切にアドバイスできる部分もあります。
 
 
 注意② こちらの記事をお読みくださっている方々が、私のトレーニングを受けておられない場合は、ご自身に合ったやり方でお試しください。
 
 
 理 由 発達障害の特性の出方や"生活の癖"、日々の暮らしの中で難しいと感じていることやできるだけ早く改善したいことは人それぞれ異なります。
 
 私のトレーニングはマンツーマンですので、個人に合った方法を適切に見つけることができますが、このようなブログでは「すべての方に合うやり方」を提言することはできないのです。ご理解くださいませ!
 
 
 
 
 

タイマーの時間設定おすすめパターン

 
3つのそれぞれ異なるタイマーが用意できましたら

 

 ①5分……(もとのセット時間に戻るリピート機能付きタイマー)
 ②60分……(もとのセット時間に戻るリピート機能付きタイマー)
 ③FREE……その都度、自分の必要な時間を自由に設定する用として使う
 
という風に予め設定を済ませておきます。
 
5分という時間の「体感」を知る、自分の感覚の5分との違いを肌で知ることの重要性。60分=1時間という時間の感覚を正確に体感すること。その他、目的や効果は様々です。
 
 
 
 補 足 Amazonなどのレビューを見ると、タイマーとしては良いけれどマグネットが弱い……などのコメントが付けられている品をちらほら見かけますが、生徒たちは自分の用途に合わせて『机の上や玄関、お風呂場・リビング・キッチンなどなど』に置いて使用しているため、「マグネットの強弱なんて関係ない(笑)」と言っています。
 
 
 
できればもう少し詳細に、効果が大きく出ているタイマー/キッチンタイマーの使い方や、勤務先でも使える(音は鳴らないし誰にも知られることはないけれど、時間管理ができるようになった・効果が大きく発揮された)アイテムの紹介などもしたいところです。
 
 
けれど前述しましたように、発達障害の特性の出方や"生活の癖"、日々の暮らしの中で難しいと感じていることやできるだけ早く改善したいことは人それぞれ異なります。

 
 私のトレーニングはマンツーマンですので、個人に合った方法を適切に見つけることができますが、このようなブログでは「すべての方に合うやり方」を提言することはできないのです。
 
 また、決して安くはない授業料を払って、自身の発達障害の特性を改善しようと前向きに授業を受けている生徒たちを思えば、ここですべてを書きつづるわけにもいきません。どうぞご理解・ご了承いただけますと幸いです。
 
 
 

大人の発達障害レーニング/カサンドラ症候群カウンセリング・トレーニン

 
 
①問い合わせ・お申し込みフォーム
 
 
QRコードでフォームを立ち上げる

f:id:otonanohattatsushogai_cassandra:20190217194806j:plain

大人の発達障害レーニング/カサンドラ症候群カウンセリング・トレーニン
 
 返信は、祝祭日や弊社定休日を除く3日以内に行います。