疲れたからちょっと無職になってみた

明日死ぬとしたら、生き方が変わるのか?

無職生活

無職が、無職予算300万円からひと晩で50万円使い切ってみた

天国ことドラッグストアでの散財なんて、正直たかが知れている。だって無職1週間だもの。わたしが50万円のほとんどを(たったの数時間で)使った場所、人々は其処をこう呼ぶ。

人は無職になると、血は争えないことを知る

初めて知った。都会を離れれば離れるほど大きくなるものは2つあった。それはドラッグストアの駐車場と……

"一生懸命"に疲れたから、予算300万円で無職になることにした

いつでも社会復帰できるようにはしていたい。 だから予算を決めた。無職予算。無職でいていい予算。