疲れたからちょっと無職になってみた

明日死ぬとしたら、生き方が変わるのか?

【図解】「言葉の持つイメージ」の認識の差を埋めていく、大人の発達障害のための実践トレーニング~カサンドラ症候群対策

自分的には「良かれと思って」発した発言が、相手を悲しみや絶望の淵に追いやったり、場合によっては怒りを沸かせてしまう――。 こういったことは発達障害の有無に限らず、ままあることだ。

発達障害による失言よりも、発達障害と失言「後」の方が重要だと思う

結婚を視野に入れて付き合っていた恋人との失恋に傷ついていた実の妹に「俺はメリハリのある体が好きだけど、世の中には寸胴体型っていうのかな? 幼児体型が好きな男もいるから心配すんな」と、到底理解不能な言葉を投げかけた元夫。 「お兄ちゃん、酷い………

幼児体型と寸胴体型はホメ言葉じゃないんだよ!~カサンドラ症候群の怒り・悲しみ・苦しみ・涙・むなしさ

余計な一言を言って相手を傷つける。 思ったことをストレートに言って、相手を傷つける。 ――これらは発達障害事件簿(!)として、頻繁に目や耳にする、#発達障害あるあるや#カサンドラ症候群あるあるの1つでもある。 当然のように、元夫にもその傾向はあっ…

レジ前で迷惑を顧みずマイペースを貫く元夫を一発改善~カサンドラ症候群の妻と発達障害の夫の戦い~

土日の混み合うスーパーのレジ前や、同じく混み合う祝祭日などの繁華街や旅先のオシャレなショップのレジ前で、どれだけ長蛇の列になっていても気にしない――迷惑になっていることに気づいていない――超マイペースな元夫は、1円単位の小銭まできっちり出したが…

長蛇の列でも気にしない「1円単位で小銭は出したい!」~カサンドラ症候群と大人の発達障害の理解しあえないところ~

自分は超がつくほどの常識人で賢者。しかし、恋人期間を経て妻となった私のことは(帰国子女だから)個性的で変わっていて日本の常識を知らないのは仕方のないこと、教えてあげなければ! 支えてやらなければ! ――と思い込んでいた元夫に"発達障害がある"と…

カサンドラ症候群の怒り・悲しみ・苦しみ・涙・むなしさも、もっと知られていいはずだ!

発達障害・大人の発達障害という言葉そのものは、5年前に比べるとずいぶん知られてきた。その実態はまだまだ正確には広く認知されていないと思うけど、それでも言葉としての認知そのものは広がった。 それに比べて、まだまだ裾野の広がりが遅いのは「カサン…